大晦日の紅白歌合戦で仲人の私の魂に触れ、使命感を強く持たせ歌は⁉️

🍀いのちの歌🍀

大晦日の紅白歌合戦で魂に響き、思わず歌詞を書き留めた歌があります。

竹内まりやさんの『いのちの歌』です。

小学校でも歌われてメロディーと言葉は唱歌のように思い出せました。

心にしみます。

私の使命感をくすぐります。

特に最後の章がきます。

文字にしてみました❗

🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀
生きてゆくことの意味
問いかけるそのたびに
胸をよぎる愛しい
人々のあたたかさ
この星の片隅で
めぐり会える奇跡は
どんな宝石よりも
たいせつな宝物

泣きたい日もある
絶望に嘆く日
そんな時そばにいて
寄り添うあなたの影
二人で歌えば
懐かしくよみがえる
ふるさとの夕焼けの
優しいあのぬくもり

本当にだいじなものは
隠れてみえない
ささやかすぎる日々の中に
かけがえない喜びがある

いつかは誰でも
この星にさようならを
する時が来るけれど
命は継がれていく

生まれてきたこと
育ててもらえたこと
出会ったこと
笑ったこと
そのすべてにありがとう
この命にありがとう
🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀

家族が集うお正月だからでしょうか?

「ありがとう」と言える人生はお一人様では実感しずらいでしょう。

「しあわせ🍀」が2乗になる二人の生活、そして3乗、4乗と未来に繋がっていく二人からの出発💕

私は仲人さんとしての誇りを新年にきずかせてもらいました。

『ありがとう‼️』

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事